探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-る-


ルヴェル,モリス(Maurice_Level)

1875年(明8)、フランス生まれ。
恐怖を描いたコントを「Le Journal」に発表。
コントから、のち「無名島」などの長編に転じた。
1926年(大15)、死去。
愛国者でもある。作品は「新青年」に数多く翻訳された。

幻影城書庫:「誰?

幻影城掲載誌:22/


ルブラン,モーリス(Maurice_Leblanc)

1864年(元治1)、フランスのルーアン生まれ。
1887(明20)年、「ジル・プラス」紙に、心理小説「女」を発表。
1905年(明38)、「ジュ・セ・トゥ」誌に「ルパンの逮捕」を発表。
1906年(明39)、短編集「怪盗紳士アルセーヌ・ルパン」を発表。
1909年(明42)、「サンデー」に森下流仏楼(別名は清風草堂主人、白雲流水楼主人で、本名は安成貞雄か?)の訳で「黒真珠」が「巴里探偵談・泥棒の泥棒」として掲載。日本にはじめて紹介される。しかし、ルパンの名前をはじめて日本に紹介したのは、詩人の上田敏であるという。
1910年(明43)、「813」を発表。
1913年(大2)、「813」が三津木春影により「古城の秘密」の題で訳された。
1918年(大7)、「怪紳士」が保篠龍緒の訳で東雲堂書店から刊行。ルパンの訳者として保篠龍緒が有名になるのはここからである。
1921年(大10)、「虎の牙」を発表。
1923年(大12)、「八点鐘」を発表。
「ルパン対ホームズ」(アルセーヌ・ルパン対ハーロック・ショーメズ)が英訳され、人気を得るにいたって、フランスでもルパンものが大評判となった。しかし、現在、ルパンものが読み継がれているのは、フランスと日本だけである。
物語作家としての功績により、レジョン・ドヌール勲章を授けられている。
1941年(昭16)、死去。


ルルー,ガストン(Gaston_Leroux)

1868年(明1)、フランスのパリ生まれ。パリ大学卒。
「レコー・ド・パリ」や「ル・マタン」などの新聞の寄稿家だったが、才気を認められ、「テオフラスト・ランゲの二重生活」でセンセーション・ノヴェルス作家としてデビューした。
1904年(明37)、「La double vie de Theophraste Longuet」を刊行。
1907年(明40)に絵入り新聞「イリュストラシオン」に掲載され、1908年(明41)に刊行された「黄色い部屋の秘密」が唯一の純粋な探偵小説。江戸川乱歩は黄金時代のベスト2に挙げた。また、1937年(昭12)には「新青年」の作家翻訳家投票で第一位を獲得。
1909年(明42)、「黒衣夫人の香り」を発表。、
1915年(大4)、「疑問の窓」の題で宮地竹峰により「黄色い部屋の秘密」が訳される。
1921年(大10)、金剛社より愛知博の訳で「ルレタビーユ叢書」が刊行される。
1927年(昭2)、死去。

幻影城掲載誌:54/


戻る進む